ヨギボー 販売店はこちら

ヨギボー 販売店は現在、
公式サイトのみとなっています。

11月に発売したばかりなのに、
早くも大人気で、生産も追いつかなくなる程みたいです。

早めにチェックした方が良さそうですね。
公式サイトはこちら
↓↓↓
ヨギボー公式サイト  

ヨギボーは、3種類あるので、
自分のお気に入りが見つかります。

ヨギボーは、大阪府岸和田市でつくられています。
工場で地域のお母さん達がビーズを詰めこんで、
カバーをかけてまごころ込めて作っています。
知らないところで作られるより、安心感が違いますね★

 

ヨギボーでリラックスしながら、楽天ショウタイムで、好きなドラマをみるのが好きです。
最近みてよかったのが、バツ彼です。第1話のあらすじは、安達恭介(高橋克典)はアパレル関係の営業企画室の課長でバツイチ。恭介の親友・佐久間陽平(高嶋政伸)は、妻に先立たれて息子と2人暮らし。恭介の後輩で保険会社に勤務する山根正博(天野ひろゆき)は夫婦円満を自慢しているが、妻の尻に敷かれている。
ある日、陽平のマンションを訪ねた恭介は、エレベーターでダンボール箱を抱えた柿崎章子(稲森いずみ)と出会い…。
第2話のあらすじは、恭介(高橋克典)は、離婚の原因となった浮気相手の真奈美(滝沢沙織)だけでなく、酔った勢いで美加(北川弘美)とも一晩を過ごしてしまい、会社では少々気まずい雰囲気。正博(天野ひろゆき)に「女はもういい」などとこぼすが、そこに夏樹(真矢みき)から「会いたい」と電話が入り、性懲りもなくウキウキと出掛けて行く。夏樹は恭介に、雑貨店の開店準備を手伝って欲しいと依頼。そこには章子(稲森いずみ)の姿もあった。
第3話のあらすじは、恭介(高橋克典)は、夏樹(真矢みき)とのキスの現場を章子(稲森いずみ)に目撃され、ますます不謹慎な男と思われてしまう。おまけに元妻に譲ったマンションのローンなどを払いながらのビジネスホテル住まいで金欠状態。後輩の正博(天野ひろゆき)には「女の家に転がり込めば? 」と言われる始末。
一方、夏樹の雑貨店は初日から大繁盛。章子だけでは手が足りず、お祝いに駆けつけた恭介と陽平(高嶋政伸)も手伝いに借り出されるほどで…。
第4話のあらすじは、夏樹(真矢みき)は、陽平(高嶋政伸)からのデートの申し込みに煮え切らない章子(稲森いずみ)を見かね、代わりにOKの返事をしてしまう。実は、2人に便乗して自分も恭介(高橋克典)とダブルデートをしようという計算だった。
4人は箱根でバーベキューをすることに。陽平は有給をとったものの、平日の昼間から遊ぶことに抵抗を感じ落ち着かない。章子は章子で、俊貴(阿部サダヲ)に勘違いされ殴られた恭介が気になって…。
第5話のあらすじは、章子(稲森いずみ)は、恭介(高橋克典)とのやり取りの勢いから、陽平(高嶋政伸)とデートの約束をしてしまった。夏樹(真矢みき)から「人の心をもてあそぶようなことはよくない」という忠告を受け一旦はデートを断ろうとするが、陽平はすでに誘われたことに有頂天。結局、章子は断るチャンスを逃してしまう。
一方、ホテル代の支払いがかさんだ恭介は、仕方なくビジネスホテルを引き払う。特定の女性の家に行くのもはばかられたため、陽平の家に転がり込むことに。
第6話のあらすじは、部屋に空き巣が入り心細がる章子(稲森いずみ)のために、恭介(高橋克典)は彼女の部屋に泊まる。もちろん2人は何事もなく朝を迎えるが、泊まったことが陽平(高嶋政伸)にバレては一大事と、恭介は気が気ではない。
そんな心配をよそに、章子が夏樹(真矢みき)にその一件を話してしまったから大変。夏樹は、空き巣事件のことははぶいて2人が一晩を過ごしたという事実だけを陽平に伝えてしまう。
第7話のあらすじは、夏樹(真矢みき)の部屋で朝を迎えた恭介(高橋克典)は、部屋を出る時に運悪く陽平(高嶋政伸)に見つかり、「男としての責任をとれ」と責められる。しかし、昨夜泥酔していた恭介には確かな記憶はない。二日酔いの夏樹も昨夜のことは覚えていなかったが、追求してくる章子(稲森いずみ)につい「寝た」と言ってしまったため、章子はショックを受ける。
恭介はその日の帰り、真奈美(滝沢沙織)に後を付けられ、引っ越したばかりのアパートがバレてしまい…。

© 2014 ヨギボー 販売店はこちら rss